クレヨンしんちゃん

書いて気持ちを表すのは難しい、書きながら語尾でニュアンスを出そうとして変な文章誕生。
読み返すと変な文章、いっぱい残してる(笑)
だからあまりにも変なものは、即なおし、なおし。そのまんま流れた物も数々

何度も読み返しながら気がつかない物も数々。恥をいっぱい書いてる←ここはわざと
面白くもないけど  ()毎度のことで

この前クレヨンしんちゃんを観た。映画「わくわくオラの花嫁大作戦?争奪戦?」??
映画より、ほのぼの家庭物が好きだからあまり映画のタイトルとか知らない

でもこの映画はなんとなくクレしん、しんちゃんのメッセージを感じてしまってなんだか悲しかった。

もうあれ以来、、ほぼ「クレしん」は観てないけど。
作品の中に原作者のメッセージ性と、ユーモア
あと真似の出来ない韻をふんだ?おやじギャグとか、一番感心するのがキャラクターの表情、
人間に最も近い多種多様の表情を表現出来る他に類をみないアニメと思ってる。
それだけ表現できないとクレしん(原作)の面白さは伝わらないから。
人が出来たとしても名人級の役者クラス。だから人情物アニメの位置付け。
以前のものでは、コミックの方が面白いって事もあったけど。

それだけギャグをアニメで表すのはドタバタ喜劇と違って難しいって事なんでしょう。
ほら、またとんでもない大作家さんと自分のたわけ話から繋げてしまった。
(非常におこがましい)
あっ!てひらめきながら書くからこうなる 、ひらめいちゃったよ(笑)

追記
映画「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」だそうです。ぜんぜんちがう。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード