モンスターペアレント

観そこねていたドラマを観てみた「モンスターペアレント」
見たところ弁護士の(高村樹希・米倉涼子)は、
いろんなモンスター達の言動を見聞きし相談者の悩みに乗りつつ自分も成長していくという感じなのかな?
人格に円み、みたいな帯びて行くとか?
子供の進路は子供自身が決めた方が良いって思っても、
今みたいに自分の希望どころではない世の中じゃ親がやきもきする気持ちはわかる気がする。
ドラマの親みたいに行動に移すのは、やり過ぎだろうけど。
最近よく居る、うるさい親にすぐ恨みを感じてしまう子供も感受性の点でどうなのかなって。
自分の親もうるさかった方だった。
腹が立った時も有った。
どこで、親の叱責を素直に受け止めるか、そのうるささの裏に親の愛情が見えた時。
うるさければうるさい分の愛情が有ると。
どうでもいいなら何も言わないと思うから。
自分が親と成ってわかるのは本当は言いたくないんだし
言って嫌われるくらいならっていつも葛藤している。

ただ経験者は語るで、それに気がつくのは散々悪態をついた後、
しかも親の評価も何もしなくても良い頃に。

ストーリーは図工なんて医者には必要無いなんて話だったけれど、
私なら、不器用な外科医師に手術とか御免だけど。
縫ってもらった傷跡でこぼことか。オペ中に「あっ!」とか、冗談じゃない。
医者に持ってて欲しいのは一般人の感覚。
勉強一本で突っ走って来て人の内面とかまーったく分からない医者は嫌だ


エンディング曲 徳永英明の「愛が哀しいから」とても良い。
女性ボーカル アレンジアルバムもとても良かった。
個人的には「壊れかけのラジオ」が一番好き。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード