ボーダーラインなんて無い

テレビとか見るにつけ
つくづく男はこうで女はこうだって言うラインなんて無いって思う。


世間で言う「こう有るべきでこうでなくっちゃ」と言う偏見はあるだろうけど。
だからと言って男女の特性が無視されるべきじゃない。
個人差があるからここもいずれライン無しになるのかな。

女性を見る時、男性は女性の能力を低く見積もってはいけません(笑)

女性は能力を隠してアホを装ったり少々おバカの方が好まれると計算済みだったりします。
その芝居たるや どうやら、本能のようで生涯貫きとおすのです。

そして、力に対した時引いておいた方が得と考え、
するりとかわす特技が身に付きました。

しかし現代では、ついに反乱をおこし、力に屈服したくない女性は体を鍛え
「男性的も有り」の選択肢が、増えつつあるのだと思うのです。

なでしこサッカーの澤さんも小さい頃の(身体能力差)悔しさが強さのバネだったようで。
何せ、どう考えても男性が得な社会
そんな現状に耐えかね、能力を隠さずに出す、
という生き方を選びだしたのだと思うのです。

最初の出だしの知性の話しに戻りますが
女の一生、生身の人間像が正味のアホだったのかどうかは永遠の謎なのです。
墓場まで持って行くのです。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード