幻じゃないかと目を凝らす

とんでもない人がいるもんです。自転車で、つー走ってきたかと思いきや、
かごの中のごみを川に「ポン!」した。60代位の男性。
大人になっても、川をごみ箱と思ってる、やから多し。

現場が遠かったし、あっという間に去って行って注意する間もなかった。
というよりこんな人物に注意が通るだろうか。

その後、2週間くらいたった夏休み最後の日、小学生が秘密基地制作。
小川の川べり、わんさか散らかして、
悪気ない遊びには当然理由を聞いて許す、そのくらいの理解度はある
どこの区域内の小学生かわからず
当然わからないのだから「そっと」注意したつもりが後日生徒と連れだって先生が謝罪に来た。

「ご指摘の点どうやら、うちの生徒のようでした」
と生徒達はまだあどけなさののこる小学3年生5人ほど。

神妙な顔で並んでる、正直めんどくさいなと思った(笑)
いつの間にやら大ごとに、別にそこまでされなくても…周囲にどんなに映るやら
謝罪に対して下手に対応したらめんどくさいことの極みに。

注意の逆恨みを生むのは、謝っている生徒に対してどういう対応をとるかにかかってくる。
毅然としなくてはと思い険しい顔で「今度から注意してね!!」なんて言いでもした日にゃ

個々の生徒がどんな感想を持つことか。
感想を聞いたものの感想は次々と伝言ゲームのように広がって…
 
ここはとにかくおおらかに笑うしかない、終始笑顔を絶やさぬよう、
まぁ、おかしくもないのに笑うのだから顔面は引きつっていたかもしれない、
好印象を与えねばならぬ、この土壇場、謝罪されて、ホトホト疲れた…
人間勝手なもので謝られなければ、それはそれで不満なものでして
できれば学校関係者で処理してほしい

子供たちの健全なる育成、将来を思えばこそなのに、シドモドの対応。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード