消化不良を感じたら次の松島さんで…が筋書きのような



あのドラマ三田さんの心情がどれ程ほどけるかが焦点で、笑いなさいで笑う図なんか
求めてませんでした。「かたくなさ」を最後まで譲らず、しかも不穏な終わり方。
「三田が家を乗っ取るだの何かを食事に入れた」だのあのセリフ最終回にふさわしくない
こんなセリフ聞いたらズタボロでしょうに、演出が容赦ない。

いわば振り出しに戻ったドラマ。
三田はかわいそうで号泣してた(笑)、そこへ娘が部屋に入ってきた

ただならぬ(私)母の様子に最後まで娘もそろって鑑賞
そこで、娘が「笑って」で笑うってへんじゃない?
このもっともな感想を言われたのだ。まったく!!最後まで溶けないにもほどがある

「女王の教室」のほうが完成度は高かった。

こちらとしては内容と番宣?かで二度目の「しまった!」なわけで。
またテレビ局を喜ばせてしまった。次回作品ロボットでない松島さんは新鮮に映るはず。
そこが狙いでしょう、しかも予想以上に当たりすぎ。

ところで、世界情勢は内紛だらけ、
アメリカはかなり中国を良きパートナーととしてとらえ始めてるような風に写る
アメリカでは日本のニュースはあまり流れませんね、韓国はナシ、北ばかり

中国も国際化が進み組みやすいと判断された日には、日本ルーツの技術(テクノロジー)
も、「どこでもいいじゃない儲かれば」とうやむやにされてしまうのでは

日本の人の良さや技術あまり大盤振る舞いしては、盗まれる一方です




プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード