衣類の縫製がなってない

酷いものです。
買ったばかりのシャツでくつろいでいたら
「お母さん脇!」
「何?」と思って脇に手をやると穴空いてるし
もはやミシン部分の生地が足りてないので縫えなかったと言うひどいもの。
よっぽどブログにアップしようかと思ったけど
写真やらでメーカー(会社が)判明して自社プライド、プロの仕事ぶりを無視して
どの部分で「営業妨害」と逆切れを言われる(現社会)かわからないのでしませんが。

この穴あき製品メイドインChinaとある。そう、この国以外の製品(衣類にしろなんにしろ)
は県内の衣類取扱店ではほとんど見かけない。

そのうえ被害はこれだけじゃ無い、、これが初めてじゃない。
脱輪状態のようなミシン掛けは畳んだ状態では見逃しがちですが
まさか縫製を確かめて購入しないといけない(縫いそこない製品が出回る)なんて思いもしませんから。

結構な頻度で縫いそこない製品を見かけます。縫い目から「人差し指がこんにちは」な製品が
小さいものなら繕って着る。
買ってすぐならいいですが2~3回着た後だと返品なんて無理ですので。

今回ばかりは大穴過ぎて、大目に見れないのでレシート持ってって返品です。
「お金払をってるのだから」で、消費者が厳しく(それともまっ、いいかの甘さ)チェックする段階
「社名判明させ企業のレベルアップに努める」じゃなく
変なものは買いたくないのに甘いチェックで中国製品がまかり通るなんて

メイドインJapanが凌駕されるほどの技術でもないのに。
日本製ならばまず作る人の意識が違う
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード