(板)チョコレート絶ち

先のバレンタインの話からうすうすチョコレートには胡散臭い噂があったこともあり
あらためて「チョコレート」を調べてて行きついたのが
チョコレートは子供たちの奴隷労働の末、出来上がってるということを知る。

奴隷は売り買いされている。
しかも奴隷として働く子供たちはチョコレートを知らなかった
知らなければ当然食べたこともない。

またある話では、こういう違法行為の元作られたチョコレートを食べた自分も罪人と
自分を罰してほしいとさえ訴えた人も。
が、却下され(それが当たり前になってほしい)
ついには悲惨な労働環境の子供奴隷の介在しない(厳密に)チョコレート会社を作った、
トニーズ・チョコロンリー
と言う記事も読んだ。

チョコの需要が高ければ高いほど働く環境は悲惨極まりなくなり、
チョコを食べられる食べられないは、
昔の日本や今の時代になっても戦争と因果な関係性を感じる
国の貧富も大きく左右していて富める人たちの食べ物。

チョコレートは大好きであったが、油脂も気になるし、いっそチョコ絶ち。
考えた抜いた挙句、チョコレートから「十円饅頭」(笑)に切り替えることにした。
何時まで続くことやら。
我が家で一番板チョコを食べる私が一番消費する「板チョコ」のみに限って。
ただ、これは自分基準の「利」(歯のためとか油脂やらの問題)優先で考えに至ったわけで、
こんな話も有ったから、ついでに問題提起もして置くか、くらいな。

でも、これを知らないにしろこういう形で出来上がるチョコを食べて喜ぶバレンタインになにか影が差す感じが。
少なくとも、命との代償から出来ていて、富と貧困の色濃いチョコレートが
陳列棚に並ぶと複雑な気分になってしまう。
忘れぬようせめて心に留めて置きたい。
世界中の人が子供たちの働く環境に目が向けば、すこしは変わると思うのだけれど。

答弁を間違い「コーヒー絶ち」までした大臣
何故か庇われているけれどいくらなんでもあれは酷い
世界中に日本のセキュリティのまずさを発信、
恐過ぎる状況を何故庇う?マスコミ。






プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード