本当に返ってきました

お金のお話で少々お下品かな?なのですが、お金の話と言うよりあまりにもミラクルな出来事だったので
それと何か今後のトラブル回避のためにも
写真付きの記事で再び。


左高額とありますが実際は…
100万円とかは超高額とでも書いてあるのか超、超、超と増えて行くのか未知の世界。


以前くわしく書いた話でしたが
宝くじを買おうとしたら、窓口から離れ並んでるのか並んでないのかよくわからないカップルが。
その場は、カップルと私を含め3人になった。
買わないのだろうと追い越したら、後ろからカップルの女性の方「じゃあ買えば」そう聞こえたので
私「あっ買うんだ」と思い、どうぞと先を譲った、
予想に反して、男性の反応があからさまに憤まんの感じ、みなぎる。

「ゲンが悪い」と思ったのと、嫌な気分になったのとで買わないで店内に入って行った。
しばし時間をつぶし
元の宝くじ売り場へ、この宝くじが当たればこのいきさつが
面白おかしく?書けるのにと思い…

したらば本当に組み違いで当たりまして。

次のトラブルは、金銭の受け渡し、これも最近書いた記事。
こちらは思い違いかもしれないが一万円支払ったと思ったがこの宝くじ売り場は
まっ先にレジにしまいこんで宝くじを渡すどさくさで手元がわからなくなるという、
マジシャン並みのお釣りの渡し方。

千円のロト6を買い4千円のお釣りを受け取り??となったわけ。
「一万円じゃありませんでしたか?」
相手はレジから五千円を出してあなたの出したお金はこれですと言うし、漫才?
こちらは、唖然とするしかない上、もうこれ以上真相はやぶの中。
この時の感想、五千円以上当たらないとなんか損した気分←こちらの勘違いかもしれないのですが(笑)
でも、こんな店二度と行かないだけ。
お釣りの出し方があり得ない店でした、これは宝くじ売り場に限らず今後も気をつけましょう。

そこで買ったロト、もちろん「はずれ」です。

ここからがミラクル
最近なんとな~く当たりそうな予感で珍しくロトに執着、また買っちゃった。
あの一件に懲りて、宝くじ売り場はちゃんとした窓口の店へ
宝くじを買うことには懲りてない(笑)

それが、なんと当たりで、4等一万円也。希望通り本当に小さく当たってしまった(笑)

ここで換金してもらい、当たったことで気を良くした私はまたまた千円を出してロト6を買う。
したらばそこの店員さん、お釣りのお札(さつ}を数えだした、「はあ?」
この前の完全に逆バージョン現象が起こったのだ。お店は全然違う店なのに

売り場は一万円を支払ったことで混乱、お釣りを9千円渡そうとしたのだ。
こんな時、利いてくるのがお客側が出してきたお金を良く見えるようにディスプレイする
方法、自分も再確認後「えっ?お釣りはいりませんよ」と。

売り場の人はデスィプレイされた千円を見て苦笑い。
ほら、ちゃんとした窓口ならこんなトラブルに発展しそうな事態当然のごとく回避。

でも今回つくづく思うように(少)金でしたが当たった年でした。
書くと当たる?で、一割寄付するから高額当選しないかな~(笑)結局お下品

ぁ、(超)高額のほうです。





スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード