聞き取る方の耳に工夫がいるらしい

いつも思うのだけど橋下さんの意見、ころころ変わる。

しかしま、男の人の中にもいろんな人がいますよ、
パートナー以外の人と平気で…と言うタイプ、
このとんでもないご時世、潔癖症とか
診断書付きでなければと考える男女も増えてきてる中。

今回、旧態依然な日本、いにしえな意見聞いてしまった。

風俗業にしても、あれは
女性が抑圧され過ぎの社会なのと世間の暗黙の領域ために悠然と存在するようなものだし
合法とか言いつつまさにグレーゾーン(自分の意志に反する)も存在している
意志に反して働かされている女性だっていることは
番組なんかでもよく耳にしたりする。
大抵突き詰めれば「言いくるめられた」犯罪絡みとか
「生きるためやむにやまれず」か「心身ともにリスク無知」か
行きずりであって愛情が無いことが一番の大問題。
女性自ら承知してしまう風土、まさに言いくるめられてるか無知でしかない。
こんなことを堂々と言う政治家のいる日本の女性はかわいそう、
たいていの先進的意識の強い国、国民はそう思うはず。

なんで「個人的にお盛んだ」というかなり個人差のあることをまさに
世の男性全てでもあるかのように発表してしまったのでしょう、
能動的である男性と受動的である女性
タイミングが合わなければ
女性サイドは苦痛でしかない。
思いやりが無ければそれも平気なんでしょう

そういうこともほとんど考えられていないから監禁事件やら
平気で起こしてしまう。
ただアメリカは日本より、より意見を言える風土だから
男性が女性を日本よりはせめて、正しく理解していて
犯罪者には厳しい世間の目が向けられる。
日本のように「監禁王子」なんてお馬鹿な名称は付かない

正当化なんてありえないでしょう。
いつも弁解して、最初の意見が180度変わっていることが多すぎる
当事者たちの敵になったり味方になったり忙し過ぎる、
詭弁にしか聞こえず。

聞き取る耳がおかしいのか、
相当に「もしかしてこう言いたいのだろうかと慮って聞かなければならない」政治家なら
発信事体が思いきり言いたいことを吐きだしたようなフライング気味だった分、
意見を聞いて引っ込めるなんておかしいし
トップに近い政治家なら危な過ぎ。

いくら言っても、石原さんが同調されていたから
日本は未だに島国、昔々の文明が届かない孤島的立地にでもあるのでしょう
発想が、前頭葉でしかものを考えないのでしょう。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード