危うく引っかかるところだった

軒下利用をしたすずめさんのお宿を作ることが出来ないことからも
瓦屋根には一理あると思う 
けなげな良心(笑)を逆手に取る詐欺に遭遇。

飛び込んできた若い兄ちゃんは小柄で、とびの恰好 足はスリッパ。
「この近くで瓦の葺き替えします、車の出入り等うるさいかと思いますがよろしく」
さわやかに言い放って玄関を後に、

わたし、「わざわざありがとうございます」にこにこ

民間の連絡なし工事が横行するわが町ではなかなか殊勝な心がけと感心した次第。

しばらくしたら、引き返してきて「お宅の瓦落ちそうなのが有ります」


「えっ!?」



こりゃたいへんだ。どこどこ?とばかり一緒に見たが
今思えばきっと相手は  冷や汗 こいつ出てきやがった

指さす方向に瓦がズレた様子も
なんにも、、サッパリ。
それよりギラギラ日差しがまぶしくて詳細が分からない。

専門職が見れば違いが分かるんだろうかとか
最近塗り替えたばかりの時はなんにも言われなかったが。
思考が錯綜する中
台風一過、ひどかった時主人が屋根に上ってコーキングする等の話をしたらば、
やり方を簡単に説明して帰って行った。

しばし経ってから…、        あやしい(笑)

なんでこの日中の10時ごろ、
2~3日後の仕事の挨拶に来てしかも作業服なの?
作業着来ている以上、この日中の仕事はどうした。

ネット検索したら有った、瓦落ちそうですよ詐欺。←こんな名称じゃない

お年寄りを狙った詐欺らしい…   お年… まだだと思うが
ずっと良い人と思ってたのに(笑)

2~3日後工事はどこでも行われた様子はなかった。シーン
尋ねたお宅名 〇〇さんち も存在しなかった。

せ ち が ら い






スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード