ドラマチック

久々良い映画を観た、遅ればせながらの
「エリン・ブロコビッチ」   2000年
巨大企業との裁判で勝利を収めるまでの
女性の実話を元にしたストーリー
日本で言うところの「チッソ水俣」裁判かな。
こちらは、そんなドラマチックな展開は無いけど
案外アメリカのヒューマンドラマは
米国人の長所が生かされていて良いものが多かったりする。

コンビの上司とのやり取りが軽快。
臆することなく容姿からの自信の行動力あり、仕事が出来て、かつ正義の味方、
反面 短気、家庭内の悩み、思い込みの激しさが有ったり。
そこがまた人間らしくていいのだけど。

上司のコンビと罵り合いながらも、ま、ほとんど一方的に(笑)
本音の人間関係が成立して行く。
サクセスストーリーでもあるけれど
人間関係の部分が特に感動する。

映画のエンディング曲

良くドライブ曲として聴いていた
「でんでんむしのでーもん」と聞こえてしょうがなかった。
どんな悪魔だ
空耳アワーに投稿しようかと(笑)しなかったけど。
シェリル・クロウの「エブリデイ…ロード」直訳 毎日が曲がりくねった道」か?
一筋縄ではいかない?とか言う意味かな
出だし部分
本当は ♪「…マシーン」 自動販売機かなんかの単語vending machine



ドラマチック機能使用


日本の「woman」ドラマは映画並みのクオリティ。
やはり、みんな情の深い、温かい人達だった。

うやむや騒動にタイムリーで逮捕劇
「息子の問題」と すり替え(笑)確かに息子の問題
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード