見出しに驚いて

ニュースの見出しに興味を持ち記事を読んだ。

伊達さんのテニスプレー時の応援に対しての記事。
伊達さん、ため息にキレる。
これはプレーヤーには堪らない。

テニスと言えば(個人的イメージ
球を追う応援席の左右の首振り。
しーんと静まる変える中ラリーの応酬、
「ポン」「ポン」いうボールの音のみ
とか、オ~とか言う低い歓声。

躰を前後左右に素早く動かす時に
「キュッキュッ」と鳴るシューズの音。
プレーヤーの出すサーブ時の奇声とか。

テニスって案外、音が印象深いsound sports。
集中力の塊になったプレイヤーは
シーンと静まり返るなか音に敏感に反応して
研ぎ澄まされていると言う格好の佇まい。

そこに「ネガティブ」=「溜息」の印象の強い応援席の反応

当事者よりもセンサーのようにいち早く漏らされる溜息
しかも圧倒的な空気の塊を吐きだして
残念感をアピールするあたり、これって応援?

お笑い番組やお茶の間で培われた俊敏性。

注意されなくなるこの年になると他を見て改めるしかなく。

無粋だったりするから
見守りの世界、国際社会、これから先はたくさんの目と反応で
どんなに変とかダークな国も
少しずつ薄まってクリーンな(風「ふう」)になって行く。






プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード