過酷だが自然な姿が間違いないのか



この形のものが農地らしきところに点在
いくつもいくつもあって
形が何だか象さんに似てるなって(ペーパークラフトの)
ただそれだけ、
車越しに撮ったから画像は見にくいですが。

にゃにゃが窓を開けるたび外に出してほしいのかニャーニャー鳴く
今日は結構長かった
外猫でしたから、、わかるけど。
交通事故に遭ったフー 完全な外猫
たまたま子供たちが小さかったことも有ってフーって名前を付けて呼んでただけ
足を骨折した風に見えるフーを両手に載せた男性が訪ねてきて
「お宅の猫だと聞いたもので」と、
見殺しにも出来ず病院へ
高額支払った上、フーは元気になって、その後見かけなくなった。
いくらなんでも「行きずりの猫」過ぎる、、

そしてまた、野良状態からからうちに来た
まろにゃは外と室内を行き来しては
ノミ騒動を引き起こし、夏だったし
消毒業者さんに来てもらっての「とんでもハプニング」
後には猫エイズ感染症も発覚

かわいそうとは思うけど過酷な環境や、
感染症のせいで長生きできない外猫達
どちらが幸せか、なんて所詮人間サイドの意見であって…
うちにはうさぎもいるけど
外暮らしも、ぬくぬくの室内暮らしも味わえるなんて猫くらいなもの
本人は選べないけど
今のところ家では「室内飼いで」と考えている。


プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード