美容室、接客スキルも取得させたら?

またまた美容室の話。

入りやすそうな店は安さが売りで。
「気合入れなければいけない店は値段が高い」が接客もそれなりに出来てるように思う。

もしや、美容室はお値段で接客態度のレベルを決めてるのか
そう思うと、美容室側は客の要望があまりというか、とことん読めてないようだ。

高かろうが安かろうが髪は自分の一部分
それに対して話したり扱う場合、他人様の、、
お客様の物として丁寧に取り扱うべきなのに、それが出来ない店の多いことと言ったら

大体、美容室自体飽和状態で、
たくさんあり、危機状態というのに
接客スキルのないお店が多いのなんのって

今回も流浪中の美容室、
そこの店主は客の要望を無視

髪質から勝手に持論を展開、、→この時点であきらめる
言い返すと引かない美容師に辟易するから。

もう、あきらめの境地、頭の中で次のお店の手配をする。

今日こそはと、今まで言われてきた美容師によるダメ出し文言に気をつけて注文したのに
見事に一蹴され、店主によるオーダでカットが決まった。
挙句細かい要望も聞かず前髪をザクザク、もう完全にお任せコースのようです。
前髪が短くなりすぎ、短すぎて分けられるか不安になり「分けたいのですが」

前髪くらいはせめて本人に聞いて。
あまりの早業に「自分で切るから長めにカットで良いです」と言うセリフ言い損ね。

無表情の黙々タイプの美容師は機嫌がわからないし反論してくる可能性も大
こういう店はまず無理。

ネットで調べると美容師へ不満が有るのに対して
「こんな客は嫌だ」と言う本末転倒な美容師側の意見も有った。、
自分たちの仕事に誇りを持つのは
どの仕事人も同じ、
ただの技術者になるのなら
ずっと初心者用のヅラを相手に髪切ってたら?
相手は人だってこと忘れてる。

練習台に向き合い過ぎて人を物扱いする癖が抜けけてないのかな。

昨日たまたまjob基礎英語見てたら外国人観光客相手の美容師さんの接客会話
もの言いに細心の注意を払ってた。
ここは日本なのにね日本人向けの美容室がこれじゃぁね。

このくらい、会話も技術もスキルを持った美容室になら足しげく通いに行くのに。

技術だけじゃない接客技術の免状も取得させて
美容師さんのスキルに格差をつければ美容師業界の良い競争になる。

ネットで参考になった意見、美容室に行く前は
目いっぱいおしゃれして行けとな、「なるほど確かに」と思った。
足元見て扱いが変わる

美容室に行く前に美容室に行けってか(笑)
どうもストレートヘアしか切りたくないみたい。





プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード