予知能力訓練すれば

10月7日朝の事なので前日ブログ記事の最後の文章が予言?

調理中「ドンガラガッシャン」すさまじい音をたてて棚が落ちた。
老朽化したスチール棚。
重たい中華なべとかその他のなべ類、お玉、にフライ返しなんか床に落ちて飛び跳ねた。
ちょうどお味噌を溶かしていてコンロ側に避けていたので何ともなかった。
はっきり言ってこれは笑えた、コントかと思ったもの。

だいぶ前にも2階から宅配便さんに呼ばれて玄関先に降りてきたとたん。地震。
結構強い揺れで、震度4~5くらいの。
地元では記録的に揺れが長かったのを覚えている。
自宅前で作業中のトラックが地面ごと、大きくゆらゆら揺れていたくらい。
しばらくして2階に戻って驚いた。
私の座っていた場所にかなり大きめのジグゾーパズルの木製の額が落ちてきていたから。

もう一つは素人の電気工事の恐怖。
自己流で電灯を吊ってくれたおじさんは親切心だろうから責められないが、
その場所には炬燵が有って寒いのでその時期は面倒でも、そこまで食事を運んで食べていた。
毎回休まず。
たまたま、本当にたまたま、その日は運ぶのが面倒で、台所の食卓で食事をとっていた
「ガッン」相当大きい音がした。しばしお風呂場など探したがどこからの音なのか分からなかった。
部屋に戻ってみると見ると電灯が落ちてきてる。炬燵の板に大きな凹みが。
グシャンと崩れた電灯。
電灯は吊ってから随分経っているのに…
ぞーっ
大きな傘に守られて電球は割れていなかったが、本当に危機一髪だった。
素人の自己流電気工事は絶対にだめつくづく肝に銘じた出来事も思い出した。

そう、思えばいつもなんとなく危険な事を、かわして来ている気が。
やっぱり見えない何かの存在を感じてしまう。
時々交信?前もって連絡してくれたらいいのに、予知能力を訓練したら…
人は皆予知能力を持っているらしいから。
便利な生活、安全な暮らしに慣れきって退化してしまってるらしい。

原始的な生き方でもしてたら復活するのかな?って事は…
でもいろいろ言われてる、自分の私利私欲の為には予知能力は身につかないとか。
だから無欲の直観が良く当たるのか!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード