病院の待合室の椅子

最近ではあまり子供からもらうこともなくなり
感染症などで胃の不調を訴えることもなかったが久々に
調子悪い。

で、病院に行くのだが
待合室の椅子にげんなりするのは特に大きな病院。
なんておざなりな椅子。
L字型の直角椅子

今の気の利いた病院の椅子は座った時にほんの少しお尻側が下がり
ひざ部が少々上がり気味
自然と背もたれに身を預ける形となって
ま、俗に背中とひざ下から腕を通した、両腕で抱きかかえられた時の形。
これはよく、子供時代の大人についていったよそのお宅で帰りが遅くなって
大人時間についていけずに睡魔に襲われ、寝入ってしまい
家に連れ帰るため親に抱きかかえられた時の抱き型で
決して目を覚ましたりしない、心地よい傾斜。

なのに、あの病院ときたら座面だって申し訳程度の薄いクッション
長ーい待ち時間そこに直角に座らされ
その間に一層気分が悪くなる
贅沢だとか根性、我慢とかじゃなく、そもそもそういうところで培うものじゃない
具合悪いんだから、
病院の椅子
もう少し考えてほしい。
特に市民病院とか、感染症を嫌っての車の中での待機も出来ないのだから
駐車場が立駐とか、遠い敷地外に有る。

患者が増えたところで意味のない市民病院、
患者は来ないほうがいいと考えてるから。

行く気がしない。
車社会の田舎なんだから敷地の広いところに建て直したらいい。
市民の医療費を抑えたいなら行きやすい病院建てて
病気放置で却って税金の無駄遣い。









プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード