書かないのも変だし

今年もあと少し、
いろんなことがあった
良いことも、良くないことも…
たとえ、よくなくても腐らない。
そのまま気にも留めず流していたことも、やりにくさは見直す、失敗の原因を探す
記憶に残るように頭にとどめておく
そう考えるようにした。
忘れっぽくなる年代になると自然とこうなるみたい。


無名の詩人
名前は本名同様私が付けた、考えてみたら男の子でも女の子でもいけそうだ、と。
というか長女がお腹にいたときにつけようと思って考えてた万に一つの男子用のお名前。
漢字で篤樹、いや画数多くて実際的じゃないなと、女の子だったからよかった。
画数に少しあれだったから←あれってなによ。でも、29画は少し失敗かな。

子の作品があれよあれよで処女出版(詩)はこびとなり
ジャンルが違うが出版は2作品目

そうそうたる人の後押しで

本人は本人で自分などが、世に作品を出すなんて
という気持ちもどこかにあってなかなか進めないでいた。
ついに重い腰を上げた、というところか、いつも人任せな子供だった(笑)

個人的な感想
作品は言葉の紬ぎ方が綺麗、そして物の見方が
面白い。
難しいけれど不思議な世界観がある。
少し、玄人受けでよく売れるものでないような(笑)といわれていたり。
よく売ることを考えての出版ではないけど…

詩を読むとき、
この作品の詩の内容を理解できるかどうかを考えて
読むものではないと思う、受け身で読んでる人ばかりではないのだし。

ただ、自分の感性と似た作風に惹かれるもので。
いろんな作風があると思うが、個性的と思う。





プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード