蛇行気味に羽ばたいて

矛盾
平和を声高に叫べば叫ぶほど、敵対のメッセージと受け取られる。
女性に勉学をと叫んだ人は学ばない人に敵視されている。
曲解のうえの盲信だから正しく受け取られるはずもない。

日本はなぜあんなに世界にお金の支援ができるんだろう
借金だらけな国なのに、
札束チラつかせて挙句立場が窮地に陥るなら世話がない。

女性に良い環境を与えないのは
家庭から逃げ出させないため、
経済力でしばりつけて。羽ばたいてもらっちゃ困るから。
猶予を与えて、アメ配ったり、鞭打ったりの手練手管。

そして自ら「この人は私がいないとダメ」
今更、育ちそこないの子育てに生きがい見出した人のようなセリフを平気で言ってる。
しめしめと思わせるだけ。
それも解って良しとしてるならもう何も言えない。


離婚危機の話題のふたり、まだまだ女性のほうは若かったのに
長年生きてきた人のように気が利いているというか老けさせられていた
相手に合わせて生き急ぎすぎ。身につまされる。
亭主関白は知性が主で、頼りがいがある人に。




プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード