マフラー改造車取り締まりはどうした

今日、車を走らせている時、後ろからものすごい音を立てて走る車に遭遇。
何の音?と思った。
車の性能から行くと、静音に成るべく
メーカー側は苦心しているのに、まるで逆を行く。
飛行機のメーカーだって騒音は、多くの人たちの苦情となっているのに。
飛行機なんて、
「すみませんねぇ、この通りの巨体なもんですから轟音を立ててしまいますが・・・
今後なるったけ音を控えますんで(防音装置とかで)本当悪いんですけど…」
的なメッセージを(好意的に)受け取ってればこそ
許可がおりているようなもんなのに。
今日轟音を立てて追い抜いて行った車も、
(いつもトイレを血眼になって探しているんだろうと思っている)
飛行機の離陸時かと思うくらいだった。

これはもう飛ばなきゃ、うそ。

と言うかここからいっそ飛び去ってほしい。

音だけ凄い!
なんてまーったく台無しな車である。
大きな音ほど危険で(危険な人が運転してますよと)、
危機が近づいていると気付かせる点では
爆音がするのは正しいし
確かに大事な事なんだけど。

そしてバイク。
あの人たちの立ててるしつこいアクセルふかしは音は単なる自己顕示欲?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード