気の合うものだけでグループを作らせない、つるませない

よく先生は授業中「好きな人とグループ作れ」
なんて呼びかけてたけどあれは孤立者を見つけ出すためにやってたのかな。
グループ作れない子が必ずクローズアップされる。

あれって何なんでしょ、先生もサディズム気分が働くのか
孤立した子を見守るでもなくしばしさらし者にする。
酷い先生は「どうしてみんなはこの子を仲間に入れず外すのか」と問う(笑)
非難を浴びせさせたいのだろうか自分の変わりに。
先生が期待して待ってるセリフは、
今のお笑いの中心課題
「ダサい、不細工、汚い、頭が悪い、おとなしくて面白くない」
等々の声が飛び交うことか
というか、言わないで「シーン」とか
子供は残酷だから正直に全部を言葉にして浴びせることもある。
二重にも三重にも傷つけている。

気が合う、好きな人間だけでつるむことを小さい頃から先生が教える。
逆に誰とでも付き合う訓練させれば孤立も避けられるのに
子供にだってプライドがあるからそういう
気が付けばどのグループにも属さず、「ポツン」そんな扱いされればゆがむだろう。

ただ人格的なヒステリーや執念深さはこの先も非難されるべき重要事項
意外とグループのリーダー的中心人物だったりする。

だからこそ気の合うものでグループつくりはよくないと思う
怖いからそこに連なるのだ。密なグループは危険視するべき。

グループだからと本当にそこが楽しい、仲が良いとは限らないのだ。
女子がよくそういう派閥を作りがちなのに今は…
世は女性化した。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード