知恵を与えられたがために

人間はあまりに厳しい現実があるとその記憶を
脳にとどめないようにとする作用が働く。

でも忘れたわけではなく、そうすることで脳を守っている。

毎日毎日これほどまでに残虐が働けるのは
人のみか
人間にしかできないのが笑うことと祈ることの裏面には
さげすむことと 呪うこと
でもあるのでは、、と思ったりする。

毎日どんな獰猛な動物よりも凶暴な人間がどこからともなく
銃を持って現れ出て乱射、、、結果、射殺されている。
こんなに意味のない空しいことをする、人間が一番バカなのかもとも思う。


執拗なまでに隠れ、現れても覆面をしているだけに
悪を働いているということに自覚はあるようだ。

駒として動かされた、よく理解できない者たちを動かして。
首謀者(飼育者)たちは隠れている。
コソコソする神などいないから。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード