子育ては難しい

この年代になるともう子供も手が離れ、
てんでにばらばら

そうして振り返るとわたしの親がした子育ての失敗を回避したつもりでも
自分の子育てにもこれはこれで失敗があった。
それは、結構大きなことなのに満たされることで気がつかない、という弊害。
結局、子育ては自分も同じく子を育て、
苦悶しなければ気がつかないで終わってしまうものなのかもしれない。


子供って誕生してから親もおっかなびっくり初めての子育てで
どんな性格なのか、ある程度育つまで全然わからない
ある程度は持って生まれた「嗜好」やらこっちのほうの「思考」とか。
子供を怪獣に例える歌があるくらいだもの。

主人の性格があるから余計にわからなくて。

育ってから気が付いたのだけど上の子は主人に良く似ていて
でも、話が面白い所は似てない。
下の子は多少私と似た部分はあっても、何せ遺伝子が強すぎなのか
主人が垣間見えることがある。

私と主人は性格が正反対だから、子育て中もわけがわからん時があって。
主人はちょっと、面白さを引き算した明石家さんまに似てる(笑)
でもサングラスかけさせたらタモリにそっくり。

だからって子供たちが明石家さんま風なわけではない、
頑固なところとか、とにかく突っ走るバイタリティーが似てる。
子供は、バイタリティーは似なかった。
親れぞれの似てほしいところ、うまく避けるよねぇ。


明石家さんまにはいまるちゃんというお子さんがいますが
バラエティよりNHK向きな感じがするのは私だけ?

しっかりした意見を持ってる、笑いにつっこむのは「なんだかな~」
って感じるのだけど、人の痛みとか悩みとか話させたら。
母親似?悩んで育っただけに教育的番組に合ってそうな感じがする。



スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード