両極端

アメリカの次期大統領の有力候補
アメリカ共和党のトランプ氏って(嘘でしょ?)
一昔前のアメリカ人の見本のような人物像と思ってみてしまう。

色白の、恰幅のいい赤ら顔、ちょっと見、酔っ払いのような。
この方の発言こそがアメリカの象徴
強きを助け弱きをくじく、これが強さだと思うのが、原始的。

強いアメリカへの郷愁がよみがえってきて、何と極端なことが好きな国
この方が大統領になったら、対する相手国はことごとく嫌な気分になりそうで
余計な火花が飛び散りそうだし、日本だって言いにくいだろうし
通じにくそうな相手になりそう。
って言うか丸め込まれそう。


財政が厳しくなればオバマさんを据えてほとぼりが冷めるのを待ち
言えない弱いアメリカに(思われてると)嫌気がさすと、
こんどは言い過ぎそうな人を据えようとする。

何と、単純で極端なことか。
これを繰り返すのがアメリカ
やむにやまれず 我慢(民主党)→噴火(共和党)→我慢→噴火。
アメリカ山は活火山。


あいまいな日本なんて理解できないのではなかろうか。
少なくとも自暴自棄につながる極端はいけないとは思ってる。

No more Hiroshimasといえば、リメンバー・ザ・パールハーバーといい返してくれるし。
それもそのはず
温暖化対策の時も、銃規制の時も、強いくせに弱者の立場に立って物申す。
いつも、そんな感じでかたずけられる。
身につまされないところが中国と似てる。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード