ペットボトルの蓋が硬すぎて

サイダーには缶タイプの300mlクラスの飲料は見かける。
蓋をちゃんと閉めたつもりが、倒したらこぼれたことがあった。

これはちょっと缶タイプの口広タイプで良く起こる
蓋のネジ部分がわずかにずれて斜め閉めしたことによるもの。

この年になってって、(どの年だよ)
以前は瓶やら缶の蓋、力技で開けられたものだったが
良く「貸して」って開けてあげたものだった。

今や、過去の栄光
どうにもこうにも開かないものが増えてきた。

ジャム瓶などなら常備の(お徳用)ゴム手袋で大抵は開けられるが
ペットボトルなどはいつでもどこでも台所で開けるわけではないし
まして、ゴム手袋なんて持ち運ばない。

でも、このたびどんな硬いキャップも開けられるようになった。
海外のものとかほんとう、開かないにもほどがある
様子が違い過ぎるのだ。

これに対抗してくれるのが両面テープだ(私の場合は、輪ゴムじゃない)
これの、強力タイプ、
「ちょっと困って輪ゴム」、って買うと多すぎて購入しづらい、

両面は絆創膏サイズだから邪魔にもならない、(10㎝くらい携帯、手で千切れるタイプ)
これを、4~5㎝もあればいいかな
キャップに貼り付けて剥離部分をはがす、そうしていつものように開ける。

今までこれで失敗したことはない。(開いたら両面をはがして分別)

いかにいつもわずかに滑っているかということがわかる、
両面のベタベタがまるで滑らせないので
最初だけちょっと力は要るが、楽に開くようになった。

これからますます年を取り、ってのもあるし
今のお年寄りの方たち出先で喉が渇いて
脱水を避けようと思い
自販機があっても
開けられないのじゃ何にもならない。

自分の場合
両面テープはいろんな場面で便利だから常備。
意外と身近でないのが輪ゴム、
輪ゴムより身近なのだ、



スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半
ちゃくもくろん改め
ちゃころもころ語始めました






人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード