少子化の一因

あさイチは
社会不安症
この頃、少しでも不安に思うところあるとおもえば
すべて、何らかの病名が付けられ、かたが付く。
ハラスメントも同じく。

当てはまる、
学生時代、小学生の高学年の頃から、あがり症で困っていた。
急にそうなって戸惑った、社会性が身につき始めたころの最初のつまづき。

その後日常では、別段気にならなくなっていたが
子供が生まれPTA活動が始まってからまた悩みが復活。
自分の場合、特に二番目の子供の子育て時期
体調不良が重なり処理能力がオーバーワーク
人に会うのがつらく億劫だった。



望む望まないにかかわらず
個人主義にならざるを得なくなった昨今
こういう、悩みを抱える人が増えると思う。

人間関係、人との接触がすごく求められ呼出しが盛んな役員活動
子供を生むことの大きな妨げの一因になるのはうなづける。
体調不良などどこの世界も同じ、
同情されない
「みんな同じ」と言われるし、確かに今思えば「みんな同じ(そうだから)」
一蹴される、されたのだと。

子育てはラグビーと同じ
子供を小脇に抱え
社会の荒波かき分けタックルできる体力と精神力がないと。

スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード