古き良き時代

史実に基づかない時代背景の時代劇は面白くない。
大河にせよ朝ドラにせよ。

あの時代は世代間(親子)でも男女間でも踏み込めない領域があったのに。
今作られてる、ほとんどの時代物が踏み込みまくり。
現代の境界線踏みの行き過ぎから来た病巣を時代劇でまで見たくない。

親に対する口の利き方もそう、

他に、鏡はなくても鏡の代わりになる水面はあったろう、
湖、池、たらいに張った水いくらでも鏡代わりになる
ナルシスが湖の水面に写った自分を見て恋に落ちたりするくらい。

時代感を出すのに顔に泥を塗るなんて
それでなくても人の目がある、
親も人もどろどろの顔を見て何も言わないのだろうか
薄汚れることはあっても…とにかく

古い時代が現代と混ざりあったような時代劇を見ても
今と何ら変わりなく
あれは実は現代劇で、現代人が懐古的になって古民家で着物着て
演じてるのと何ら変わらない(実際そうなんだけど)
そんなあからさまな時代劇は見たくない。
全然面白くない。

「今日の気になる」
調子に乗らないほうがいいと思う、自民党
やっぱり怒涛の男社会で、完全に庶民感覚とずれてる。
スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード