擬人化

人間は大変だ
とうとう人の寛容さも度を越しすぎて機械にまで感情移入しだした。
この度ロボットが小説を書いたという話題。



ロボットが書いたものに感情移入はできない、
なぜなら薄ら寒い気分になるだけだから(笑)

自分として、もしロボットが自宅いたら
いつかはロボットに情が移ってしまうのだろうけど。

今のところ←「これがいずれはと思うと恐い」書いたものに、共感はできない。
「共感」には色々な意見もあるのだろうけど
自分は書いた人に共感できることが最優先かも。
生い立ちから積み上げてくる複雑な心情はロボットがどう逆立ちしても経験できない。
逆立ち。(笑)
人間の身体的悲哀。
腰が痛い、めまいがする、シワが気になってきた、しかも物忘れが
最近どうも出がわる、、などなど

生身の人間とロボットの真逆な立ち位置。

お人好しな人間はついには
人間サイドがロボットを思いやって書いた《インプットして書かせた》
ロボットの悲哀として感じ取り、なんて寛容なことよ。

そして、寛容さが招いた、境地に陥る。
きっと未来にはその私情が蔓延して巷に溢れかえる。
世に起こることは、止めることのできない誰かの脳の具現化。
乗っかって行き着く先は自分ひとりじゃどうにもできない。

自家用車さえも行き先を委ね始めたし、
今に機械に連れて行かれる。
どこに❓
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード