テレビよりラジオにしよう

やっぱりね
熊本の地震がもうそれほど興味をそそらなくなったようで。

熊本は以前から台風、洪水、高潮、土砂災害、毎年のように被害にあっていた。
「台風は風の強いやつ」っていう認識しか無いから台風の時、
リポーターなんかが不思議な行動をとって
茶の間を笑わせていたけど。

あと、無いのが地震くらいで。
でも、心の中でいつかは来るんじゃ無いかと懸念はしてた。
地震が来たらこう動こう、こう対策しとこう、くらいの防災意識は有った。

テレビはもう前向きな番組、爽やかにスタートし
NHKでさえ毎回おなじテロップでおしまい。

地震速報も5分くらい遅いし、意味がないみたい。
やっぱりこんな時は地元の番組がいい。
でもこれが少なくて、
テレビを消すと、周りがしんとして感覚が鈍くならずにすむかもしれない。
テレビを見るくらいならラジオがいいと思う。

一部のネット民、
教訓を得ないで嘲笑ばかりしてると今度、巡り巡ってくる。

こういう時思うのは日本のお笑いが
実は(面白いよと、笑ってあげていた)ということに気づいたこと、
余裕をなくすと人は笑えなくなる。
日本の笑いは他人を指差し嘲笑か、自虐だし、
本来笑ってはいけないことではあった。

音楽は自然と泣かせる、感情を操るからすごい。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード