間違った人にぞろぞろとついていく背後霊

考えあぐねた先に死が有るのだったら、どう死ぬかなんてどうでもいいとか、
「自分の行く死後の世界まで人任せの」、なんて虚無な生き方、何も考えない
支配者にとっては好都合な人たち。
自分で考えず、大きくて自分にとって恐怖なものだとすぐ本物だと思い込む
その考え方こそが安直に、恐怖にたどり着くのだと気がつくのに。
破綻せず常に真理を求めつつ先を歩くことより
誰かの思想に共感してついて行くことの方が簡単だからそうなってしまう。

話は変わるけど
異国から暴利をむさぼるために資本主義経済を発展させ
てる先進(支援)国。

もっと昔は資本主義にもまだ最低限のモラルみたいなものがあったのに。
いつの間にか、
行き着く先で何が間違っていたのかと愕然とする。

人生って、分からぬなりに自分で歩くのに、なんで躓くことを
人のせいにしたがるのか
人間の知恵なんて神からしたらミジンコ位小さい脳で
宇宙の営みこそ=神の仕業、だから
人はまだ宇宙の事などほとんど知り得ていない
宇宙の法則をといた(まだ未完の)教科書の宗教では
おごり、たかぶり、妬み、嫉み怒り、不満などを戒めるけど、

人は、ひねくれてしまうと悪い方向へ引っ張られる。
この感情を利用して
敵と思い込ませて国を操作しようとしている
悪達が居る。
悪念が発露になってる思想が正しいわけがない、
あからさまに全人民がやってみたら良い、即日破綻するから。
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード