日本のエロ文化

人の評価が事件をきっかけにこれほど変わるものだろうか。
少し驚いた。
ホテルに連れ込まれそうになったとか証言してるものがあったけど
今までを振り返ると

一般人でもそういう変態が職場に普通に存在していた。
その時は女二人だったけど
送り狼がそう言う類のことをいうので早々に
二人とも車から降ろしてもらった。
逃げるように。
職場にそう言う変態が必ず小さくなりもしないで存在していた。

専門家の人が言っていた、
根本的に女性に対しての扱いが間違ってる、
性のはけ口、女性を物のように扱い、
一人の人格を持つ人間だという扱いをしていないということは
アダルトビデオ、エロ本、
テレビドラマでの性描写の表現にはっきり表れていると。
男性目線のこの手の類の作り物は
女性の身体の勘違い扱いがまことしやかに描かれていて、
違うから自信持つなよ、と言いたい。

人扱いしてない、そんな犯罪的で、身体的に間違えた
ただの過激ビデオ。
また、それを借りて親の目を盗んで観てたと
面白おかしく番組で話している男の人。

無理やり出演させられてる物もあるという、しかたなくとか。
問題を孕んでいるアダルトビデオ三昧の思春期を送って
女性を物のように扱う人間が育つ。
嬉し恥ずかし大人の仲間みたいな登竜門のような
アダルト商品の扱われ方にも問題がある、
全然真実でも適正でないから。

男性に都合よく描かれてる、
そう言う、現実とフィクションの区別が付かないのも
生身の人間と接すうち次第に「違う」とわかる物だろうけれど
学ばぬはずがなかろう物を、どこかで子供時代から育んできた
男にとって都合のいい作り物の世界が脳裏をよぎって
女も多分こうだろうとご親切に男に合わせるから
調子に乗る。連鎖して嘘はつくはお世辞のお芝居ばっか、
それが返って自身をなくさせていて
答えとして、ちっとも愛じゃない、と、出てる。



プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード