上履きのゆくえ

前回の傘のゆくえのでも書いたように、川を見ると何でか物の流れゆく姿を見たくなると言う変な衝動の有った私は、もう一つ同じような出来事を思い出した。

保育園への行き道、園で使うため持って来ていた上履きを側溝
(幅25センチくらい?)に片方だけわざと、流したことが有った。←することがわからん
あとから来た男の子が血相を変えて当然困ってるであろう私を気の毒に思ってか、
上履きを必死に拾い上げてくれた。単純で純真な子供らしい正義感。

私も、流してしまってから「困った」と今更思っていたわけで。
拾い上げてもらって助かったのだけれど。
その後保育士の女の先生に上履きを拾い上げてくれた男の子が自慢げに
「先生、ボク○○ちゃんの上履きを(苦労して)拾ってあげたんだよ」と報告していた。
わざとだとばれてしまったら軽蔑と変人を見るまなこで見つめられた事でしょう。

実際に流したのは前記事の傘と合わせてこの2つだけ…?断言出来ると思う
今となっては、こんな衝動の理由は理解出来ないけれど。
罪悪感ほぼゼロの幼少のみぎり。
流れゆく水洗トイレと同レベルの発想なのか?そんなものに寂寥感なんか無いケド!

私だっていくらなんでも今では全然面白い行為とは思ってない。
だけど、子供の心理は、まだうっすら理解は出来るのかも

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード