自己防衛から変転して

現代の若い女の子も、したたかさがすごい、手練手管使い熟す。
これも、悪い事が周辺に蔓延ってるを真似てるわけで
事件になってからやっと、ことの重大さに気がついて目を覚ます、
寝てるようなものだから、「最初から起きといてよ」と言いたい。
これが巷で、物心つき始めた子達が行うから
何処から湧いて出た?くらいな勢いで四六時中行われてる。

昔は、経験積まないと実行に移さない、移させないという厳しさがあったが
今は何も知らないのに、知ったかぶって大人を真似ては
大怪我をしてる。
しかも、犯罪だから大人を真似るじゃなく大人が作った悪い物語を真似ている。

子供をそそのかしてどうするんだろう、守るでもなく。
真面目は一笑に付され、すべての芸能人がマニュアル通りの笑えない
笑いを強要され。

昔は、自分を卑下したりして卑屈な笑いとか提供したりしていたが
もうそんな余裕もなく
いい加減バカバカしくなってきて、言わなくなったし、


周囲が他人の事をネタにして笑いを取ってる芸人さんを見ると
なんてひどい事を言うのだろう、と思ってしまう。
こういうのが笑いのプロで通るのならならないほうがマシ。

この笑いは、人に笑われる前に自分で言って先に笑う、
「わかってるんだよ」っていう自己防衛であって、
「本人が笑ってるんだからいいんだ」という笑いどころではない。
解らないものは、この自己防衛を見て本人が言うのだから笑ってもいいのだ
こう判断するわけで、しまいにはこれがルールみたいになってしまった。

仕方ないのかもしれない、これしか笑いのネタが見つからないのだから。
学校という現場が「からかいの世界の第一歩」そういう試練が待っている。
間違っていても声の通るほうが勝つ。
教師がよく言う、眉を吊り上げ「仲間に入れてもらいなさい」命令してる(笑)
いえ、いえ、グループ色が違うものを絶対に仲間にはしないものなのです。
絶対に入れない!たとえ入れても違和感しかないだろう、
日本の学校は小さいうちから「なんとか同好会的」なものを
作って相容れない他をシャットアウトする
これも大人になってから作ればいいものを、狭量な大人を真似て育つから。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード