いじめっ子は臆病なのだと思う

前回の記事からの続き、
そうそう、仲間にしたって、面白くないに決まってるだから、決めつけが行われる。
なぜなら考える事もめんどくさいし、またそれを求めてもいないから。
他人に意外性がある事にも気がつかない、
決めつけが行われた、そう取り扱いを受けた人は
自ずと決めつけられた通りの、レールの上を歩かされる
しまいは、こんななのかなって自他共が想像した人間を演じ始める。

人の意外な一面の発見をしようとしない学校という場所が多大なる
受け身の世界だから、先生次第、どんな先生に当たるかで
長い学生生活が天と地の差がでてしまう。

何処からそういう考えが来るのか、生徒たちが臆病だから。
すべては臆病が根本にあるという気がする。
学校は緊張のデビューの場であってほとんどの子が初めての場所で
臆病を隠して頑張っている。
いじめっ子も臆病者だし、
逆に一番怖れの多いのがいじめっ子なのかも知れず。

自民党支持率低下が盛んに言われてるけれど
野党も思惑通りに無理やり「うっちゃり」をかましてきたけれど、
一体何処らへんが自民党より上をいってるのだろう?
民主党政権時代見てたけど自民党が責められてたところは
民主党の時は完全スルーだったよ、突っ込みどころ満載だったけれど全部スルー

ただ、何処の首相も大統領もみんな人気があると思うと独裁者気取りになって
自制が効かなくなるのか
辞める羽目になる、なんで繰り返すのか意味がわからない。




スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半
ちゃくもくろん改め
ちゃころもころ語始めました






人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード