感謝知らず・のとか言う漫画を思い出し

岩合さんの世界ネコ歩きを見てるのだけれど
自称、猫好きなほうでも猫のこと全然わかっていなかったことに気がつく。

飼うことですら初めてではないのに、性質に個体差も大きいのだろうけれど
のほーんとした猫、色々と画策する猫、
餌のこと狩のことしか考えてないような猫(うちのだ)そのために画策もするけど。

私の幼少からの猫に対するイメージは間違っていて、
まず、盛りのついた雌猫、人間にたとえて罵るみたいなところがあるけれど
意外や猫のオス選びは荘厳だ、本能で自分のDNAを高める方向で選んでいるし
一度子育てに入ると防衛本能のすごさよ、他の近づくオス猫を張り飛ばさんばかりの勢い

しかも猫の子育て本能、オスだとしても父性溢れる猫もいて子猫を育てたり保護したり

もっと言うなら異種、自分より大きな犬と仲良しとか、羊や馬、豚に牛と
小さなものならフクロウやら鶏まで襲うこと無く暮らしてたりするからすごい。

挨拶も人間よりも上手く交わす。
危険因子(人間で言うならヤーさん)のかわし方、挨拶の仕方も絶妙だ。
言葉も話せないのに(猫)相手の領域にすこしずつ近づいて間合いを詰めて
やがて空気のように
そこに存在しても良いよと言う領域をいつの間にか作り上げる、とか。

子育てには尊敬の念さえ持つ、安全地帯の確保の仕方、子離れのタイミング
どれを取っても人間が猫に勝手につけてきた
イメージが間違いだらけだと気がつく、人間よりよっぽど賢い。

日本人くらいだろう猫に手厳しいのは、よその国の特に猫野良が街中でおおらかなこと
仰向けに寝転がるなんて日本の屋外では絶対に考えられない。
下手にいじって、予想外の反応されて逆上して、、、
海外の猫の扱いは女性の扱いくらい繊細で優しい。
昔はペストや伝染病予防で船に乗せられ連れてこられて、ありがたがられた存在と言うのに
、今や糞尿でバイキン呼ばわり、「実は」と言う高貴さ神聖さが読み取れず
猫の虐待、情けないったら有りやしない。
日本では「野良、ノラ」つまり「野生種」は早々に絶滅させられる勢いのような
小さな島国で災害大国だとシステム化がより一層叫ばれて
自然環境とは程遠い日本ができあがるのでは?と危惧する。
「グッバイ古い組織」とか言って過去を尊ばない国になったと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード