車間を保つ車をメーカーは作って欲しい

今、キレるドライバーが話題になっていて運転手がなぜキレるのか
って疑問らしかったが、命がかかってるのだから運転手は真剣だし
特に煽られたりしたら身の危険を感じて気持ちが高ぶるのは当然な心境と思う。

やっと煽り運転が話題になるようになった、
この手の運転手には本当にイライラさせられる。
セダン
特に白
が走ってると警戒する、追い越し時にチラ見すると大抵が若者の
免許取り立ての二十代男性。
このタイプは単にスピード狂なのであって、特に煽ってくるわけではないが
車をスラローム走行で障がいレースのように追い越すのが主流。

一度大阪ナンバーの車が誰かの運転が気に入らなかったようで
電車通りのバスレーンに自分の車を横付けしてドアを開けてわざわざ降車し
「何やコラあ」って凄んでいるのを見かけたがあれが一番この田舎では
とんだ場違いな光景と思った。

そして今やそんな光景が全国区に
追い越されて腹がたつとか言う異端児もいるらしく
やむを得ない、車線変更時隣がダメなら追い越して入るしかないのだが
そこを曲がらないと帰宅できないとかなら追い越す場合もままあるわけでしょうに
「よくも追い越したなオラオラー」ってなってるのは、
かなり幼稚でおばかでおかしい人と思われる。

そして、煽られるくらいならまだましだが、追い越して急ブレーキときたら
これほどの捨て身の(受け身)攻撃はない、下手したら自分だって
追突されて「むち打ち症の医者通い」だもの
低気圧をいつも気にしてないといけない後遺症。
よほど後続の車の運転技術を買ってる、いわば自分より運転技術上級者を狙った犯行で
よほど相手の運転を信頼してる信奉者かと思うくらいだ。
降りてくるような激昂の極み人も相手の器のでかさを想定しての犯行だし。
まずいことに、同じ種類の人間同士だったら道路上で喧嘩して二人もろとも跳ね飛ばされる。
やばい人と思ったらやはり全ロックして相手にしないことが大事。


昨日なんてのこんなことがあったのだ
若者は私が車に乗り込もうとした時、車を何の躊躇なく出そうとして
危うく接触しそうになり、とっさにボンネットを平手で叩いて注意を促したが
ぼんやりした運転手で、ハッとしたようだったが謝りもせず
複雑な心境の苦笑いだか薄笑いだか半笑いを浮かべて出て行ってしまった。
普通少しバックしてから方向転換するだろうに、その場でだもん気がつくわけがない。

こんな時は車種やらナンバーを覚えておくことが大事
だけどとっさだし逃げられたのでは如何にもこうにも

外だったから防犯カメラ
ドライブレコーダーを今度検討している

スポンサーサイト
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード