売れるならなんでも売る


コンビニで余ったケーキを販売員に割り当て、、
クリスマスは気が重いらしい
困ったケーキは豚の餌に、肉質が甘くなって美味しくなると
まさしく苦肉の策、それをまた消費者が食べる。
こんな話の方が私にはとんでもなくおかしい笑える話と感じてしまう。
マーガリンやらトランス脂肪酸微量なら大丈夫とか言って作った
パンやらケーキは食べたくない、結局チリも積もったくらい食べてしまってる。

ケントギルバート著の本を読んだ
反日勢力で有名なテレビ局や人物はみんなハニートラップの犠牲ではなかろうかと
訝る癖がついてしまった。
ものすごく意味のわからないことをごり押しして放送する人ら。
国民を騙せていると思って放送してるからおかしくって仕方がない。

しかし中国が世界を席巻したら寿命の短い星になることでしょう。
環境を無視、国際感覚を無視 、ただただ拝金主義の
この地球がなんとか秩序を保っていられるのは
経験値の高い日本が小さな声なりに発信を怠らないから、
それは国じゃなく、一般人だったりする。
手先が器用で、誰にも認められず何にもならないかもしれなくても
地道なことをコツコツと続けられるという国民性にあると思う。
根本的に価値観が違ってる、
清掃の大事さや貪らないことを国民の個一人一人の中に
悠久の歴史古くから息づいている(息づいて無い人もいるけど)憧れるだけでも価値がある。
逆立ちしても真似できないし、価値もわからないこと。
スポンサーサイト