少し追いついたか?

今から思うと地震前までの生活
住まいの性能があまりに古くて記事として書くにしろ
随分の期間世間との共通性がなかったのかも。
断熱材が入ってないから冬に夏にと冷暖房費が嵩みまくりの
しかも季節の境目あたりから極寒に、酷暑にと長い間寒く暑いの時期。
70とか80と湿度が高くジメジメのカビカビ住まい。
体調も常に悪くあまりに常態化し過ぎていてそれが当たり前みたいになっていた。

今いるアパートは3階まであるのでマンションという説もあるが、
主人に一蹴された(笑)

断熱材はもちろん、防音対策も(壁)窓は今ひとつ、だけどとても暖かい家。
追い焚き機能付きの「お風呂が沸きました」
アナウンスにも始めは高級感とシステム化具合にドギマギしたもので(笑)
お風呂の栓を忘れてお湯はりしてないかとまで心配までしてくれるし。
やってしまってるのだから。
機械「さっきから道理で水位が上がらないはずだ」と思ってる。早く言ってよ(笑)

壊れた家を建て直すにはこういうところに住んで免疫つけてて良かった。
設計士を驚かすような
時代錯誤の発言しないで済んで良かった(笑)←言ったかも
あれこれ言わなくても今や標準装備みたいなものだから。

ただ、循環風呂はやめておく、主人のお風呂の後は、
何がなされているのかと思うくらい汚れる、(笑)
最後とばかり湯船にタオルでゴシゴシやってるのかなと思うくらい汚くなる。
残り湯が循環器に溜まってるから水抜きしても信用できない、
パイプ汚れも気になる

ただ、狭いので居場所が限られて息がつまるのなんの、
休みの日でもどこかに出かけないと
三人四人でいるより主人と二人になった日の方が、もう心の飽和状態で。
一応お互い「一人の時間 ♪ 」で、二部屋に区切りはしたが
「出せ〜」って叫びたい気分になることもしばしば(笑)
同じ場所、同じ椅子に疲れ、窓の風景も一箇所は山々ならぬ屋根屋根の峰だし
もう一箇所は磨りガラスのお向かいさんの建ち並ぶ玄関連だから。

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード