ずるいずるいの声が渦巻くから政権争いになる

戦国時代からそう、国の大将に君臨すれば民がどんなに安定を望もうと
政権を乗っ取るためには手段を選ばずの敵陣が暗躍、いつの間にか民まで加勢
昔もいまもやってることは同じ
次の大将の器?
いまの首相と並んでみて比べてみてどこが勝っているのか
日本人の一番の特徴、道徳心やら何から何まで分析しないと

甚だ疑問。
国民向けの話をされた時安倍首相だけは話が上手い方だと思った、
自民党にも後候補が二人ほど、人柄が全く読めない人と、若者に絶大の人気の人と
このかた国民向けのお話が個人意見だけど薄ら寒い。
野党にも喧嘩腰の議員がたくさんいるけれど、みんな実績のない人なのに
なんであんなに自信満々なのか、以前の大失敗政党も恥も外聞もなくいつの間にか加担。

そもそも忖度するのが議員の仕事。
議員さんにまず陳情し、便宜を図ってもらうわけでしょう?
忖度したらいけないのは公務員、公務員改革は絶対だと思うけど。

そうでなければ投票しない、懇意の議員なのに話を聞いて貰えないなら水臭いってだれもが嫌うでしょうに。
まず、何につけても選んでやったんだから「忖度しろ」そう思うのが人情
懇意の議員が劣勢じゃなかったら不正にも甘んじるのが人情、
加計学園の問題どこが問題?総理は友人を持ってはいけない訳?
国益になるのなら問題ないでしょう。

他も言ってるし、支持率も下がったし
もう要らないと引き離して清廉潔白を強要、ずるいずるいが渦巻く国だから仕方がない。
きな臭い世界情勢にも強い大将が必要な時に揉めてること自体世界情勢が読めてない。

私達など地震の被災でも今までも全く忖度されなかった口だったが
国民が理想の総理大臣にはほど遠いと判断しても、世界各国の首脳陣が認めなければ
相手にもされない訳だからそれを見越しても支持しないのはこわい事です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半
ちゃくもくろん改め
ちゃころもころ語始めました






人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード