かわいいとは程遠い

どうしてアメリカにしろイギリスにしろかわいい動物を擬人化したがるのだろう?
いや、それが動物ならではの「かわいい」なら良いけれど、、、
往々にしてみんなアメリカ人というか
ピーターラビットでいうならイギリス人というか
そんなに可愛くもない擬人化。
どっちかというと「かわいい」の反対象の、ごつい、デカイ、ダミ声がおふざけするもの
だったりする。


どうしたらそんなに自国民に自信があるのか
動物が、赤ちゃんが みんな「アメリカ人」だから可愛くもなんともない
この自信、日本人も見習ったら良いのに、
どちらかというと「かわいい」の国民性は日本人の表現方が合ってる。
だから日本の吹き替えくらいはかわいいがハマる千葉雄大さんだし。

アニメーションは絵本に忠実な感じだったけれど今回の実写版は
作者が認めるんだろうか、リアルがモットーなのに動きが全然動物らしくない
作者がイギリス人だから日本がしゃしゃり出るわけにもいかないし
いや、残念。

昨日のトランプ大統領の演説、映画のワンシーンかと思った。
自信が服着て歩いてる、北朝鮮での失敗は認めたくないだろうから
正当な裁きを行えるのか、なんだか心配。
相手は日本をさんざ見くびってる。

中国にお出掛けしておののいてる場合じゃない、日本の方が百倍前進んだエンターテイメント
うまく誘導して虜にさせるなら日本の方が有利なのに。
日本は未だに外交が古い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード