弁明するとしないでは大違い

アメフトの悪質タックルの問題。
記者会見が行われるまでこちらの感想は二転三転、
最初は生徒にも非があるのにマスメディアに庇われすぎてはいないか、という思い。
また、記者会見が行われる直前はこんな1生徒に弁明させてこの生徒の今後は大丈夫か、という思い。
うまく伝えられるのかという。

しかし思いは180度変わった、この生徒は監督コーチの内面とはそれこそ相容れない相反する
性格の持ち主らしいということ、そこのところがマスメディアのいうところの「反社会勢力の
発する命令」であったり、「ヒットマンとして使われた」、と称される所以と思われた。
だいたい、指導内容が監督やコーチと生徒間の乖離というなら
そんな言葉も通じないわかりにくい誤解までさせる指導者は指導者として問題外と思う。

職場でいうなら真っ当な人格であるのもかかわらず誠実で使いにくいとか
「自分と合わない」とかでなんとなく阻害するみたいな、いじめのようなことが
行われたのではないかということ。

しかも優し過ぎるとか度胸がないとか悪い性格のように言われ続けているうちに
変な思い切り(おもいっきり)がふつふつと沸き起こってきたのだろう。
(ここまで大っぴらにはならない)大ごとにはならないという思いがよぎったのかもしれない
監督の記者会見は全く会話になっていなかったし、ただ男の美学のような事を
発信したくて「全て私の責任だ」
(どうだ、男らしいだろう?)言いたかっただけの記者会見のような気がした。

実質全然逃げ回って何一つ責任を取っていない。


以前、整形外科の痩せのトレーナーとして日大の人が来たことがあったが。
日大OBが小学校の体育の教師になるものはみんな下心があると、笑いを取るつもりで(全然笑えない)
言っていたのを思い出した、なんだかそのOBも含め一部の人は世間の常識と乖離してないか。

カリスマ気取り監督と佐村河内守が同じ感じに見える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半
ちゃくもくろん改め
ちゃころもころ語始めました






人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード