他人の分まで責任持って喫煙して

喫煙者たちについての続きの意見。
喫煙してタバコが起因の病気になった人たちが健康保険で治療をするのには
疑問だし、反対。

こういった人々はきっと肺などの病気になっても色々と言いわけを言いあぐね、
「タバコが原因じゃない」とか言う気満々なのだけれど。
自業自得での病気に保険適用はおかしいと言う意見を聞いて
それはそうだなあと思った。(元喫煙者男性の意見)
確かに好き好んでタバコを吸い、好き好んでか自分だけは例外と思い込むのか
病うものか、と根拠のない自信と自制心の無さから吸い続けた結果
結局のところ病ダレになった時
なんでこのような方たちが健康保険で医療のお世話のなれるのか
吸い続けることに責任を持っていただきたい。

父も40代でタバコはやめたが、
結局は後に問題になる受動喫煙の張本人で心臓のカテーテル手術をした。
医者に面と向かって心臓がボロボロですよと言われ、、
それでも運良くボケることなく80を超えても元気な方なのだろうが
わざわざ自ら作った不安を抱えながらの老後は辛いものがあるようで。

喫煙者は自信を持って吸う権利を主張しないで
自己の健康被害、受動喫煙者の健康被害責任を持って
それでもタバコを吸うのならタバコ税ももっともっと増やしたがいいと思う。
国にとっては都合のいい喫煙者からのタバコ税は大事な財源だろうから、
日本の国民にとって悪いことが国の財源なのだから規制は進むわけがない。
そしてそのスタンスのせいで日本ではタバコのイメージが良いもののように扱われている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント