自分が見えず他人ばかり見てる

なんとも扱いが困難になってきた男子たちですが
犯罪の種類も似てる

痴漢、変態写真収集
幼女趣味
街中襲撃
無免許運転
自己顕示欲の果ての狂気の凶器使い。

みんな同じ。
みんな同じ発想が出発点だし、結果だって同じものをぼんやり描いてる。
捕まってからの現実は目が冷めるくらい過酷なのだけれど
目が覚めてない時点での犯罪だからどうしようもない。

「お酒の上での失態」と言い逃れる心理にそっくり。
今に「何かのせいで」と、言いだすのだろう。
なんで対象が人に向くのだろうか
だから人の目ばかり気にしている、自分に集中すれば何かを成し得るだろうに
その多大なエネルギーを他人に目一杯注いで、事件を起こす。

だから犯罪に走る人は虚ろな目をしているし、そわそわと他人に集中してるし
自分の世界に没頭しての先の明るい展望なんてことは絶対に考え及んでなどいない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント