ペラペラ喋る人を珍重し過ぎ

面接した時その相手を見抜くのは大変だと思う。
なぜなら、周到な準備した上の仮面を被って現れる可能性が高いから
面接官としたら、お芝居のオーディションどころかオーディション
は面接が始まる前から始めているのだからわかろうはずがない。

個人的に要注意なのは面接受け慣れしたような人員
少し経てば立場を忘れて横着に振る舞い出す危険性大。

個人的には少し緊張するくらいが良い
雇用主に畏敬の念くらい持ち合わせていて欲しいし、
よく喋る人より適度に話すくらいで、仕事に集中できる人の方が良い。

大体の口が達者な人には仕事のできる人は少ない、
口と作業は別々だから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント