胎児の記憶

私は小学生の頃くらいまで子宮の中での胎児の記憶が有った。
もちろん言葉がないので感覚だけなのだが今どんなに頑張っても
その感覚そのものを思い出すことはできない、後天的に覚えた言葉で表現するなら
ほのかに暗いのに明るい空気もない空間なのに圧倒的安心と温かさに包まれた
感覚と表現するべきか。

私は地元の内科の病院で逆子で産まれた。
仮死状態で、父から聞いた話では母が悲しそうに「どうにかして」と言うので
バイクを飛ばし産婆(近くにいる)さんを連れてきたらしい。
産婆さんは私の足を持って逆さにして背中をバンバン?叩いたのだとか
それで「オギャー」と一声、蘇生したのだそう。


この話にはのちに不思議なことが一つあった。
その後私は小学校で
可愛いのだがおとなしい(今思うと場面緘黙?)先生の質問にさえ答えないと言う
女の子と同じクラスの同級生になった。
子供の世界なら当然のように、なぜ口をきかないのかといじめに遭い
テレビのモノマネ、トイレで水をかけられるというもの。
可愛いというやっかみ、そのほかの感情などもあったのではないかと思う。
たまたまいじめてる子の中に知り合いがいたので「いじめるのやめてあげて」
的なことを言って反感を買ってしまったけれどその後、
一生に最初で最後、金輪際恥ずかしくて言えない「友達になって」を
言ってしまった相手。
その子こそ、その産婆さんの孫であった。
電車の中で珍しく軽快(すごい早口の)に話すし、しかも敬語抜きの怒ってるような話し方をするので
そんな言い方やめたがいいんじゃない?と軽く注意したら、
私のおばあちゃんだと言うからびっくりで、その時「○○さんとこの、、、ちゃんでしょう?
仲良くしてあげてね」って私を覚えていてくれてた。
命を救ってくれた産婆さんに妙な形で初顔合わせ。

私は、その産婆さんの孫に恩返しをするため蘇生したのではと今では訝るくらい(笑)

その子はどんどん快活になってその後結婚、今付き合いはないが
恩返しの昔話を架空じゃなく思い出す不思議な話。
縁が切れたのもおばあちゃんが亡くなった頃のような気がするし。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント