仮眠が大事

昨日うちの猫のにゃさんが(娘預かり中)お外に出せと
「あおんあおん」鳴いたそうで
悲しげな一文「やっぱりうちじゃ退屈なのかな」絵文字付きのラインがきた。

そうだろ、そうだろ(笑)
昼間はひとり(猫)アパートで留守番、
その点新築の家は広いし縦の空間の工夫もある
人が居る時間も長い方。
あまり鳴かない猫だけど感情こもると大きな鳴き方になる。

私を母親と見てる節あり、
娘を兄弟と思ってるから娘を引っ掻くこともしばしば
抱っこしたがるのにも一因はあるのだろうけど。
初めてきた日は私の足の動きに驚いでサッと爪で引っ掻かれた。
咄嗟だったのでつい叱ってしまったらテーブルの下で一分ほどじっとしてて
その後トボトボ歩いて立ち去る、そんな姿なんか、叱られた後の人間の子供みたいだった。

恋煩いかな (誰にだよ) 不眠だ、
食欲もそれほどない、
宇多田ヒカルの歌を聴くと泣いてしまうし、、、ため息も
でも、スッキリする涙、デトックス涙ね
言っても、母親への思慕、そこはわかるもの、
いくら歳を重ねても。

間食を殆どしなくなって
食事の量もそれほど食べなくてよくなったら、目が冴えて眠れないったらない。
その悪循環で、でももう痩せるの止めてキープかな。
少食になると研ぎ澄まされた感覚になってそれってすごく気持ちいいもんだから、
こんな感覚も、住み替えたら戻ったんだなと、懐かしく思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
196()年生まれの
9月後半生まれ
本来初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ
ちわわという種の
いぬ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード