思い込みのマニュアルで接してる

テレビのアプリでYouTubeが見られるようになってから
邦画を幾つかと、ちょっと?Hなのは履歴が残るので最小限に(笑)

洋画といえば一年前話題?「ララ ランド」と
熊本地震の2016年辺りに話題になっていたような「キャロル」
を観た。
この「キャロル」と言う映画、たしかに男性ウケは悪いのだろうなと思う。
何故なら同性を好きになるキャロルが相手に話す会話は
さりげない思いやりで洗練され、気が利いているから。
圧倒的な包容力、積極性、人間性、女性特有な柔らかなゆとりのような。
「私の存在意義」と言っていた、一人の人間の一生として当然と思う。
行動ももちろん自分の意志と相手への思い、想いは子供に対してだって
情に溢れている。
この映画では女性はみな知性的に描かれていて、男性は脇(笑)
「たまに」(笑)なんだから良いでしょう。
容姿から立ち居振る舞い、優雅で何せ美しい。
後半に行くほどに感動、テレーズなんて全く演技に見えず。事実憧れの
男性が(自己中で)真似のしようがないから、
「そんなんできっこない」って一部でのブーイングも仕方がない
そしてこの映画を女性が評価しないのなら男は相変わらずの野放し。
性別関係なく見習ったらどう?と思う、アビーの無償の愛も素晴らしく
愛し方のお手本のような映画でした。


それに比べて「ララ ランド」あんなに賞を取って賑やかだった割には
結局そうなるの?
途中何があってああなったのか想像逞しくさせ過ぎで。
「キャロル」とは対照的でより一層際立ったのであった。
音楽とダンスでストーリーは二の次だったのか、
にしても、、個人的に時間の無駄。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード