毒親

テレビを見ていて日本人の親が毒呼ばわりされていることに唖然。
まあこの呼び名は今に始まったことではないが。
父親のことはまさかこんな呼び方はしないだろう。激しく制約が(笑)

私たちの子供時代は親は親で有って親のことを悪く言うことは許されないことだと
諭され育ち、どんな理不尽な親の叱責にもそれで対応してきたと言うのに。
毒という言葉を当て嵌める方も方ならうちの親は毒なのだと平気で使う。
私なら、まず言語も違えば感受性も違うのだから呆れ対立など端っからしない。

自分は親の立場を慮り育つにつれてでは有ったが毒と思ったことはなかった。
鬼、とは思ったことは有ったが(笑)
(むしろあまり叱ろうとしない父親の方が不快であった)
毒はずっと作用しますから、世のお母さん方が気の毒で仕方がない。
自分の親が毒親になってるって思う(気がつく)ことは、
もう普段の母からしておかしな状態になってしまう程ってことで、
よっぽどなのだと思うから。

親は(しつけ)をするものだと思って子育てするわけで、しつけのプロでもなんでもないし、
むしろ親を教わりたいくらいに、
今までやっていた子供を急に辞めねばならないのだから。
いや、親が生きてる限り子供に違いはないけれど。

親をなくしてみればわかる、ぶつける相手がいるだけ有り難いと。
毒なんて呼べる事態で親より上に居るし。
それが今では有るのだろうけど「言い方」よね。
日本人はよその国が言わないような親への尊厳を親しかも(あろう事か)母から平気で
もぎ取る。
そう考えてよいとする、
世間は、よそが悪いとしか考えないような思考停止したような子供に
育て上げないで欲しい。
母の気持ちに思い至るまでには時間がかかるのだから早急に植付けて欲しくない。

この日本の複雑で汚れていて不正も正されない社会で
子育てがどんなに難しいか考えたことがあるか、と思うから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード