周りに他の星さえ居ないから


自分ほど幼少期からして孤独な者はいないと思って生きてきたが、案外
みんながそう思っているのかと、
人がその人の周りにたくさん寄り添っていても
友達がたくさんいるように思える人も
自分は孤独だというから。
きっと言いたいだけ(笑)

自分としてはその人に関心を持ち寄り添う人がいるだけ十分だと思う。
ン?主人が当てはまるな、十分だろうか?相方への理解が足りない人。
私の好きなものすら「覚えられない」で、通ってきたが。
そういえば集合体のなかにいるほど孤独とはよく言ったものだった。
一人に慣らされて育ったから人との対処に相当に苦慮、方法も下手で。
人は本来大好きだからいろいろなことが起こると
あれこれ考えすぎて離れようとするみたいで、自分も疲れて。
ダメな癖だと思う、しかも以前の家は人を呼べない家だったし。
孤独になることを畏れないように育てたのかな母は。
母は一人が苦手な人だったから。

だから私はつくづく人付き合いが苦手、
こういう人生を自分で選んでると気がつく
友達が社交的だったりしたらととても苦手に思う
たくさんの人間関係こなしてるの見てるだけで
気疲れ、そして劣等感まで感じてしまうから本当に面倒くさい。
地味な世界を生きてる人に好感を持つから(笑)
地道に探そうかと。
今頃 ? 見つかるかいな(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード