心情に迫る歌

読書に音楽にと芸術の秋をやってる気分(もう冬だっけ)
とても暖かいので今の季節がわからなくなる。

音楽は一通り聴き終えてまた初恋(アルバム)に戻る。
感情の起伏激しくなる、
だがToo Proud…になった途端笑う、
宇多田ヒカルここまで歌うかって
最初 何のことかわからなかったのだけれど、
二回目で、ああね。

動物園のちょっと溜めて、、「動物」 ってところでアハハ。
歌詞(日本語)は全般笑える。
本当は笑うに笑えない現状なのだろうけど、
でも神妙でないところが良い。

女の現状のというか、
地球上の(笑)立ち位置もあって女は本当に健気です。
パートナーにも言い分はあるか、いや言わせぬ(笑)

その次「大空で抱きしめて」これでまた泣きますな、
わたしは、忙しい。
わたしも母を和解(仲直り)しないまま亡くしてまして。
その頃15歳反抗期でいつも言い合い(励ましも)、
母はその日は特に機嫌が悪く
挨拶がどうのと叱責され、そのまま登校。
5時間目?廊下に出たところで、校内放送
職員室に呼び出し?どうも当日ではなく翌日のことのようだ。←追記
そこからの記憶(時系列)があまりない。
何を考え帰宅したか全然覚えていない。
ただ葬儀の日、庭に吹く風が5月らしく爽やかで
しかも母の名のような風に感じて
母かも、と思ったのを覚えている。
次の日の仏間にしつらえた祭壇からの果物や華、
線香等の入り混じった香り
記憶でさえ香ってくるくらいによく覚えている。
お通夜の時うつらうつらした、こんな時でも眠くなるんだ(2日寝てない)
とかお腹が空くんだとか思ったけれど。
夢うつつで変なもの見て驚いて覚醒した。
おばあちゃんとお母さんがまさに天に登っていくのだ
おばあちゃんが迎えに来たのにも驚いたのだけれど。
でも、少しの安堵も一変
一緒に登っていく母に不意に(あっかんべえ)をされたから
衝撃的、怖い顔だった。

あれは自分の思いが反映されたものか、それとも、、とわからなくて。
トラウマのようにずっと未だ忘れられない。
だから「君はまだ怒ってるかな…」このフレーズ。
涙が止まらなくなる。
ただ私の場合母にこのような詩的な要求はしないけれど(似合わない)

「嫉妬されるべき人生」はすごくメロディーが好き。
全般このアルバム色っぽい感じがする。
後日クラスメートに変なことを言われた、
最近私の夢を見たと
○○さんが←私の名、テレビになぜか出ていて
お母さんに会いに行きたい←定かではないが
こんなニュアンスのことを言って驚いたといっていた。
大丈夫?(笑)みたいな。
わたしはなんでテレビ?会いに行くってやばくない?って思った(笑)
それからもう、ん十年経つから正夢にはならなかったわけだけれど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAMOKO

Author:CHAMOKO
196○年
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード