母方の祖母の記憶と

映画「せか猫」観た、小説中途読みで映画が先行してしまった。
これも、小説と映画じゃ感想が違ってきそう。


今日は祖母、おばあちゃんの(母方)話を書いてみようと思う。
祖母は寡黙な静かな人でとても穏やかというイメージ
私が5才くらいのとき亡くなったから断片的なイメージしかない、
声がどうだったとか覚えてないし、祖母といる時の母は
いつもと違う
祖母と同じように静かで穏やかな人のように見えた。
祖母は背が低い人だった。うちの場合子孫みんなに遺伝(笑)
顔はというと目の当たりの彫りの深い感じの顔で
数少ない写真で確認、ああ、そうこんな顔。

母はとても色の白い人だった、他で見ないような白さ(笑)
子供のころお風呂なんかで見ると
シミすらなく
私と違って手なんかこれまた白くふっくら紅葉のようでうつくしかった。
私なんて父のゴツくしわしわな手をしっかり頂きまして(笑)

祖母は子供を6人産んで最後の最後に
待望の女の子の母を産んだ。
それはそれは可愛がったそうで、
母の婚期が遅れたくらいだと聞いた。
何度か母の車で出かけた
人吉市(母がよく連れて行った)のうちから車で45分位の
レストランかな
小洒落たデザートを食べたのをおぼえてる。
以前はその時の写真が実家の仏壇に飾ってあったが、
今はどうなったのだろう。

そういう楽しくお出かけするような日常が
ずっと続くと思っていた矢先、
祖母は入院した。
一度だけお見舞いに行ってお小遣といって千円札を私達に(姉)渡し。
祖母がお札を二人に分ける為に二枚に破いたような記憶がある。
後から思えばそれは死期が近い人のする
朦朧とした行為なのかなと。
「ビックリしたね」と姉と話したのも
もうろうと覚えている。

その後、しばらくして祖母は亡くなった、
肺の病気と聞かされた。
「おばあちゃんが亡くなったからお通夜で遅くなる」と聞いたときも
母は普通に見えた。、お葬式のときもそうだ涙を見ただろうか。

そういえば母は人や動物の生き死にに
感情を出さない人だった気がする。
ひとたび壊れたら、収拾がつかなくなる
という思いがあったのでは、と思う。

そう思うのは
母が子供のころ可愛がっていた犬が死んでいて、、
現場を見つけたとき
それから一切自ら犬を飼うことをしなかったと話してたように
父の計らいでうちに犬が来たときも飼うことに対して何も言わず、
でも一切を私の世話として任せ
寒い冬は餌を(味噌スープぶっかけご飯)
そのまま持っていこうとした私の手を止め、
コンロで人肌に温めさせた母。
見てないようでいつも静かな愛情を注いで見ていたのだと思う。
すべての世話をする私よりも
ジョンは母に絶大なる信頼を寄せていたし
母が亡くなったときも遠吠えをし、吐き、体調を崩していて
「犬にもわかるのね、、、」と母の友達に言わせていた程で

でも、いつか私が死んだとき母が迎えに来るとは
どうしても思えない、なんでかなぁ?
だからいつか逝く時も私は期待してはいないけど。

今度実家に帰ったら写真をいくつか持ち帰りたい。
一枚も持っていないから、
大変な泣き虫で大変手を焼く娘が写真を持ちたいとな。
出世したのだろうか?
プロフィール

CHAKOMOKO

Author:CHAKOMOKO
9月後半生まれ
初期の目的を見失い、うだうだ言ってるばかりの記事ですが
自分を客観視もできるし、不定期ながらなんかやめられなくなってる。







人と同居しているのは

サバ虎の
ねこ




まざーぐーす
だんだんばかに
なってゆく
に抗うべく
文章作成







日常のグダグダを
まとめ整理する
のーと

そして
まとまらないという

最近の記事
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード